交通事故, 士業, 弁護士

相続の時には遺産分割をする事が大事になる

相続の時には、亡くなった人の財産を計算してきちんと遺産分割をする事が大事です。仮に、亡くなった人の財産をしっかりと把握することができないような状態にあるのならば、それを含めて弁護士などの専門の法律家に事情を相談しなくてはいけません。相続における遺産分割は様々な法律的な側面から見ても非常に大切です。そもそも、相続によって受け継いだ財産に対して税金を支払う義務が生じます。

そのため、いい加減な計算をして分割をしてしまうと後から追徴課税を請求されたり、場合によっては脱税で罪に問われることもあるので安易な状況判断は避けることが賢明です。こうしたトラブルに巻き込まれない簡単な方法は、分割をする時には家族同士で財産を分けるときに同意書を作ってその中でサインをしておくことです。こうした同意書は遺産分割協議書と一般的に言われますが、この協議書は公的機関に提出して法的な効果を発揮させることが出来るので安全性を高めることができます。確かに、法律には法定割合によって遺産を分けることが書かれていますが必ずこの規定を守って家族の中で遺産を分けなくてはいけないわけではありません。

家族の中で同意があれば、本人がその権利を放棄することによって遺産の取り分を他の権利者に与えることもできます。こうした効果を発揮するためには協議書に本人が遺産を放棄したことを明記する同意書を作成しなくてはいけないので、相続の時には忘れないようにしなくてはいけません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です