弁護士, 過払い金, 過払い金 弁護士 広島

相続放棄をおこなったほうが懸命な場合はどんな場合か

相続放棄という言葉を聞いたことがある方は、意外に多いのではないでしょうか。そもそも相続放棄とは、亡くなった方の財産を相続する権利を有する方が、その権利を行使しないばかりか、権利を棄てるということなのです。それではなぜ、権利を棄てるのかというと、その方によってさまざまな事情があると考えられますが、多くはプラスの財産とマイナスの財産に関わる問題が生じた場合です。相続財産には、預貯金などのプラスの財産と、亡くなった方の借金などマイナスの財産というものがあげられます。

そして、プラスの財産がマイナスの財産を上回れば、最終的にはプラスの財産を相続したほうが得になります。しかし、マイナスの財産のほうがプラスの財産を上回ってしまった場合、相続放棄をしないと亡くなった方の借金などの返済を相続人がおこなわなければならないことになるのです。けれども、相続人に責任がない借金の返済を、相続人だからという理由だけで求めるのは、あまりにも理不尽な考え方になってしまいます。そこで、プラスの財産も受け取らない代わりに、マイナスの財産を返済する義務を課さないというのが、法律上の考え方になります。

もちろん、マイナスの財産が多いからといって、絶対に相続放棄をしなければならないということではありません。相続人がプラスとマイナスの財産を相続し、亡くなった方の借金の肩代わりをおこなっても、何も問題はありませんが、一般的には相続放棄の手続きをおこなうことが多いということなのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です