広島, 離婚相談, 離婚相談 広島

相続放棄をするときは

相続放棄とは相続することができる財産があるときに、それを放棄することです。財産とはプラスの財産だけではなく、借金も含まれます。そのため、単に財産を受け取らないときにも行われますが、特定の人に多く相続をさせたいときや、相続した場合、借金が残る場合に主に行われるでしょう。民法に定められており、放棄することで放棄した人は初めから相続する権利がなかったことになります。

相続放棄は自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に家庭裁判所に財産を残した人が住んでいた地域を管轄する家庭裁判所に申し立てを行う必要があるでしょう。相続開始前の相続放棄は認められていません。そのため、前もって相続を放棄することはできないでしょう。この期間内に申し立てを行わなかった場合は、単純承認したとみなされ、財産を相続したものとみなされます。

放棄をしても財産の一部や全部を処分したときは単純承認したとみなされるため、放棄をしていたとしても無効とされるでしょう。相続放棄は各相続人が単独で行い、その後は相続に無関係となります。3か月以内に相続するか否かを決定できないときは家庭裁判所に申し立てを行うことで、伸ばすことができるでしょう。未成年が法律行為を行うときは、基本的に親が法定代理人となり、行います。

しかし、相続により利害関係にある人が法定代理人となることができません。そのため、親と子供が相続人となっているときは、相続に無関係な特別代理人を選任する必要があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です