弁護士, 離婚, 離婚 弁護士 広島

相続放棄が必要な場合について

「相続」と聞くと、ドラマや小説などでの中で、登場人物が莫大な財産などを受け取る場面を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。亡くなった方のこうした財産ならば、誰しも受け取りたいと思うものですが、時には相続を放棄した方がいい場合もあります。亡くなった方の金銭や財産などを相続する場合に、金銭や不動産など、いわゆる「財産」を受け取る場合には、借金などの「負の財産」についても、同時に相続しなければなりません。もし受け取るはずの金銭・不動産などと比較してみて、負の財産の方が少額ならば話は別です。

けれども借金などの金額の方が大きい場合には、相続放棄をした方が良いケースといえます。相続放棄をするためには、きちんとした法的な手続きを取る必要があります。決められた期限内に、法律などで定められた手続きをする必要があるため、相続や相続放棄に関する法律を熟知している弁護士に相談することが得策といえます。借金などの負の財産は、生前にはわからず、死後になって表面化してくることも少なくありません。

もし自分が相続人になった場合には、財産などの相続と同時に、借金などがあればいっしょに引き継がなければならないことを認識しておく必要があります。もしいったん相続することにしてしまった場合でも、相続放棄をすることができる要件があります。こうした場合には、できるだけ早く、相続に詳しい弁護士に相談することが大切といえるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です