弁護士, 離婚相談, 離婚相談 弁護士 広島

相続放棄するデメリット

被相続人(故人)の資産と負債、権利と義務の全てを引き継ぐのが相続です。相続税の申告は、被相続人の死亡を知った日(死亡した日)から10ヶ月以内に行うことになっていますが、相続放棄を行う場合の手続き期限は3ヶ月間となっています。ただし、相続放棄の場合は被相続人が死亡したことを知っただけでなく、自分が相続すべき財産があることを知った時が起算日となります。相続すべき財産とは、預金や不動産といったプラスの資産はもちろん借金などの負債も含みます。

そのため、負債の方が多くなる場合は借金返済の義務を負わなくて良いように、相続放棄の手続きをする方が多くなっています。明らかにマイナスの財産が多い場合にはメリットのある相続放棄ですが、デメリットもあります。特定の人に財産を相続させるために他の相続人が相続放棄する場合がありますが、放棄手続きをすると放棄した人の相続人(配偶者や子供)もまた被相続人の財産を受け継ぐことは出来なくなりますので、遺産分割協議による財産の分配と放棄による手続きとの違いをよく検討する必要があります。また、相続人が兄と弟の二人だった場合に、兄が放棄手続きをすると弟だけが相続することになります。

負債だけの財産だったとしても弟が全て相続することになるのです。弟も放棄した場合、今度は被相続人の両親が相続人になり、その両親も放棄した場合はまた次の相続人へと相続権が移っていきます。つまり、放棄する場合には親や兄弟へ影響があることを考慮しなければならないのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です