慰謝料, 離婚, 離婚 慰謝料 広島

相続放棄するメリット

相続とは、人が死亡した時にその人が持っていた権利と義務を全て受け継ぐことです。相続があったことを知った時から3ヶ月以内であれば、相続放棄することができます。相続放棄とは、相続に一切関わらないことの意思表示であり、一度手続きをすると以後はご自身の配偶者や子供も相続人ではなくなる手続きです。相続手続きは、被相続人(故人)が死亡してから6ヶ月以内という期限が一番短いものとなりますが、放棄する場合は相続があったことを知った時から3ヶ月以内に手続きをすれば良いものです。

多くの方は相続を知った段階で遺産の状況を把握し、借金などの負債が多いことから相続放棄を選択します。相続する権利を放棄することで、資産を受け継ぐことができない代わりに負債についても負担しなくてもよくなることが相続放棄のメリットとなるのです。借金のようなマイナスの資産を負う義務を免れるというメリットの他に、相続手続きに関わりたくない人が放棄という手段を使う場合があります。また、特定の人に資産を集めて相続させたいといった目的がある場合にも相続放棄の手続きが使われます。

相続人が3人いる場合に、配偶者だけに相続させたい場合には遺産分割協議書を作成する方法と、相続させたい配偶者以外の相続人に放棄させる方法があります。放棄の手続きは、故人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをして進めます。放棄したい人の住所地ではない異に注意が必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です