債務整理, 士業, 広島

相続は専門の弁護士に相談するのが間違いがありません

相続といえば、ほとんどの人が「遺産を分けるひと」と捉えますが、財産の他にお墓と先祖・扶養介護の面倒まで含めて総合的に考えていかなければなりません。しかし、やはり最も問題になるのが財産になりますので、法律に詳しい弁護士に相談するのが間違いのないところで、遺族の人たちとのいがみ合いもなくなります。財産の相続を考えると時には、財産の洗い出しが必要になります。預金通帳としての現金なのか、不動産なのか、それとも企業経営を行っている事業主であれば、担保物件などの問題も出てきます。

ところが、これらにすべてに精通している弁護士などおりません。法律的なことや、遺書を通じて遺族との間に入ることはできても、実際に保持している財産となれば、その分野に長けていなければ正解を応えることはできません。現代は分野が細分化され特化されています。金融分野といっても、広い経験と知識が必要になります。

金融機関で実際に融資業務や為替業務を経験した人でなければ、専門知識を蓄積しているとは言えなくなっております。また、不動産分野でも金融機関のキャリアと不動産鑑定士の資格を生かして、遺産相続のトラブルなどを解決したことのある弁護士でなければ、難しくなっているのです。従って、生前の早い段階で財産の一覧を作ることです。これには、公認会計士や税理士に相談してみるのが良いでしょう。

一覧ができれば、最も財産として大きな分野の専門弁護士を探すことがベストです。広島で債務整理のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です