債務整理, 士業, 弁護士

不動産投資は相続に関し弁護士等のアドバイスを受ける

現預金で資産を持っていると、インフレが発生した場合、貨幣価値の目減りによって実質的に資産が減少してしまいます。それを避けるには、お金を不動産などの実物資産に換えるか、金融資産による運用で利益を上げるのが有効かもしれません。もちろん、不動産投資も金融資産投資も元本が保証されていませんので、損をするケースもあるでしょう。しかし、長期的に考えるとインフレに負けないためにはある程度の運用が必要になってくるはずです。

不動産投資をする場合、賃貸アパートで運用するケースが多いようです。但し、運用を始める前に注意すべき点があります。それは相続まで見据えて考えることです。相続に関する専門家として弁護士が挙げられます。

不動産投資を行った後、相続が発生した場合の不動産の評価額や遺産分割に関することを弁護士に事前に相談しておくことが大切でしょう。弁護士以外では税理士に相談するのも有効かもしれません。金融資産で運用していた場合は、相続に関してはあまり課題は発生しないでしょう。流動性が高いため換金がしやすく、評価についても複雑な規定はあまり存在しません。

しかし、不動産の場合は、税法上の評価額が下がったり、賃貸アパートを引き継いだ相続人がいる場合はさらに財産評価が下がる有利な規定も存在します。また、不動産は分割や換金が金融資産に比較して難しいという課題もあります。投資を始める前に、専門家のアドバイスを受けるといいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です