債務整理, 士業, 相談

最終意思を尊重し且つ円滑な相続は専門の弁護士へ

被相続人の死亡によって開始される相続は、その者の最終意思を尊重し共同相続人間の公平を図ることを目的とした制度で、財産的価値のある一切の権利義務を受け継ぐことを言います。その為、財産を有する者にとっては、自分の死後残す家族に配慮して、誰に何をどれだけ分割する或いはしないのかを考慮する必要があり、また財産を有していない場合でも殊に負債があれば、原則的にこれも親族が承継する為対策を要します。従って、相続は財産の有無にかかわらず、生前に一度は自分の最終意思を明確にして置くことが大切であり、またこれにより財産的トラブルを軽減することができます。そこで、最終意思を定めるに際し、死後効力を発生する遺言の作成をはじめ遺贈や生前に分け与える贈与など分割の方法は幾つかあり、選択により自分の意に沿う方法で行うことがでます。

その一方で、相続人間の公平という観点からは、遺言内で記載できる事項が限られ、また分割方法等を指定しても遺留分があり、更に遺贈は片務契約、生前贈与は双務契約であることから特定の者との関係等により最終意思を正確に反映するには厳格な要式や手続を要します。その為、最終意思を忠実に実現するという点では、専門家である弁護士に相談するのも1つの方法です。そして、弁護士でもそれぞれ得意とする分野があることから、多くの事例を扱い実務経験豊富な弁護士であれば多様なニーズに対応可能である為、できればより専門性の高い弁護士に相談することで円滑に解決策の糸口が見付け易くなります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です