士業, 弁護士, 過払い金

財産調査が必要なケースでの弁護士への相続相談

遺産相続の際には分割協議が必要になるケースも頻発します。これは親族間で一人でも遺産分割に関する不満が生じてしまう事で、話し合いが円滑に進まないケースが出てきてしまい、協議が成立し無くなる為です。そのため、法的に則った方法で問題を解決する事が必要になり、弁護士に相談しなければならなくなります。遺産相続の際には、預金などの直ぐに把握でき分割しやすい財産だけではなく、住居や土地などの不動産も多くあり、遺産を公平に分割する為には親族間で協議しなければならない事が大半です。

そのため、複数で遺産を分割する際には、財産調査も必要になってきます。財産調査の意味は、現金化していない不動産を換価して分割しやすくする為で、不動産の価値を評価し相続に値する親族に現金として分け与え、不動産はそのまま維持するようなケースでも用いられます。そのため、不動産の評価や換価に加え、財産分割の法的な手続を遂行する上でも、弁護士の手助けが必要とされるのです。そして、遺産分割の際には、相続に伴う税金の問題が出てくる事が一般的です。

そのため、遺産の問題を相談する際には税制面の対策も行ってくれる弁護士である事が条件とされ、親族が不利益を被る事がないように適切な税金対策をしてくれる専門家である事が求められます。そのため、相続の事案を円滑に処理できる経験豊富な弁護士に相談する事が必要で、法的な知識に加え、不動産や税金面の知識にも精通した専門家である事が重要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です