士業, 慰謝料, 離婚

相続問題で弁護士を利用する場合

相続問題は受け取る側も贈る側も体験するかもしれない問題であり、デリケートな問題であることからどうすればいいのか分からないと言う人も少なくないです。また、ドラマほどではないにしても金銭が絡んでくるため相続する内容に関して揉めることも少なくないため、出来る限り第三者に仲介してもらう必要があります。そのための存在が弁護士であり、人間関係のトラブルにも強い法律のプロフェッショナルと言うことで依頼する人は多いようです。そんな相続問題で弁護士を利用する場合は、まず信頼できる相手かどうかを見極める必要があります。

中には相続関連の問題が苦手だと言う弁護士もいますし、話してみて相性があわないと感じる事もあります。基本的に弁護士はその依頼の中だけでの関係にはなるものの一度関係を持てば長い付き合いになることは多いので、まずは信頼できると思える相手を見つけることが大切になります。また、実際に依頼する場合はどのような内容で依頼するのかというところを明確にしておく必要があります。遺産を残す側なのであれば遺言書を作成したいのか遺産を管理してほしいのかなど内容によってどのように対処してもらうのかが異なりますし、立場によっても異なってきます。

特に遺産を管理してほしいなど代理人を指定する場合は慎重に進める必要がありますし、受け取る側の場合でも遺産を放棄するのか受け取るのかによって手続きが異なるため、明確に意思を伝える必要があります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です