債務整理, 士業, 広島

相続について弁護士に相談を

私たちの身近な法律問題として、相続というものが発生することがあります。人が亡くなるという事は当たり前のことではありますし、生きている以上何らかの財産や負債を抱えているものです。そういったものを誰がどのように引き継いでいくのかという事は大きな問題となってきます。どうすればよいのか悩んでいる方や、今後どのように進めていくのか知りたいという方は弁護士に相談をしてみるのが良いでしょう。

もちろん、相続について記載された書籍などは多く販売されています。しかし、そこに書いてあることが自分のケースに当てはまるかどうかという事は初心者にはなかなか判断しにくいものです。例えば遺言書を残そうにも、そのルール自体をあまり良く知らないという方もいるでしょう。思いを遺すための遺言であればルールはいりませんが、財産の分け方にかかわることはきちんとルールにのっとった形にしておかなければ無効になってしまう事もあるのです。

こういったことを防ぐために、専門家である弁護士のアドバイスを受けておく必要があるのです。場合によっては自分が引き継ぐ財産に借金などのマイナスのものが多くなっていることがあります。そのような場合は相続を放棄してしまうという手もあるのですが、それは期間制限があります。こういったことも知らなければ使えなくなってしまうのです。

できれば前もって、自分のケースではどういった方法が考えられるのか、弁護士に相談をしてみましょう。広島で債務整理のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です