債務整理, 士業, 弁護士

相続についての相談は弁護士にすべし

弁護士は法律のプロとして、様々な業務を行っています。それぞれが得意領域を専門としていることが多いですので、相続について相談したい場合は、家族法を専門的に扱う弁護士に相談すると、適切な助言をもらうことができます。相続は、個人の財産を一定の親族が承継するというものですが、その時に様々ないざこざが起こります。誰がどの財産を承継するのかといったことや、遺言の真否について、当事者間で疑義が生じてしまうことが多いです。

実体法上は、法定相続分が民法により定められていますが、分割をする前は共有状態です。そこで、これについて解決をしなければ、いつまでたっても財産の処分や利用をすることができなくなってしまいます。そこで、弁護士に相談して、円滑な財産の承継が行われるようにすることは大切です。もちろん、争いが起きていないのであれば、わざわざ専門家の意見を聞く必要はありません。

あくまで、トラブルが起きているときや、起こりそうだというときに利用すればよいです。また、高齢者などは、自分が死んだときに争いが生じないように、遺言書によって明確な意思を残しておくことも大事です。そのことが、のちの紛争を予防することになります。そういった時にも、どのような遺言を残せばよいのか、どのような手順を踏めばよいのかについて相談しておくことで、無駄な紛争をなくすことが可能になります。

以上のように、相続について争いが生じたり、それを予防したりしたい人は、弁護士の意見を聞いてみましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です