債務整理, 士業, 相談

遺産相続の問題については弁護士に相談をするのが良い

身内が亡くなった場合にはその人の遺産を取得する権利が発生する場合がありますが、それについては民法に規定があります。ただ自分が本当に亡くなった人の遺産を取得する権利があるのかよく分からないこともありますが、その場合には弁護士に相談をしてみるのが良いです。本来ならば自分で考えるべきことではありますが、民法の条文を読んでも理解することが出来ない場合もありそうなると後で大変なことになってしまいます。そういったことを防ぐためにも相続の件でよく分からないことがあったら、直ぐに弁護士に聞いてみると言うのも一つの良い方法だと言えます。

この遺産に関しては民法の規定で、相続人が自分に遺産を取得する権利があることを知った時から3ヶ月以内に相続放棄などをしない場合には単純承認をしたものと見なすと書かれています。そのため自分に遺産を取得する権利があることを知らなければ時効にはならないのですが、いつ自分にその権利があることを知ったのかを証明するのはとても難しいことです。さらに単純承認をしたものとみなされてしまうと、亡くなった人が多額の借金を遺していたらそれを支払う義務が発生するのでとても大変なことになります。そうなったら大変なことになるので、単純承認や相続放棄を含めてそれに関してよく分からないことがあったら弁護士に相談をした方が良いのです。

遺産を取得するのはラッキーだと考えている人が沢山いますが、必ずしもそうではなく借金を背負う可能性もあります。ですから遺産相続の問題について少しでも分からないことがあったらそのままにせず、しっかりと弁護士に相談をした方が良いです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です