債務整理, 士業, 弁護士

自賠責保険の交通事故の慰謝料には基準がある

日本国内で自動車を購入すると、その購入に関して色々な手続きをすることを求められます。その中の一つに、法律で定められている自賠責保険という保険への加入手続きが存在するのです。この自賠責保険への加入手続きは、日本国内で自動車を購入する限りにおいて避けては通れないものだと言えます。自賠責保険は、自動車を購入した人を保証するための便利なサービスであり、このサービスに加入している実際に交通事故で慰謝料を支払わなくてはいけなくなったときにきちんと保証が出るようになっています。

自賠責保険では、一般的に一律4200円という基準を元に慰謝料が計算されます。この4200円という一つの柱を基準に、被害者が事故によって生じた傷を癒すために必要になった日数や治療費を加味するのです。こうすることによって、容易に慰謝料金額を計算することが可能です。ポイントなのは、自動車に関する保険は自賠責保険を基軸として他の民間会社の保険に加入することです。

確かに、自賠責保険に加入すれば交通事故の慰謝料に関して賄うことが出来る点が多くなりますが、実はそれだけでは足りないことも多いのです。そのため、大半の人はこの自賠責保険に加えて一般の保険会社に加入してさらなる万全を期して自動車を運転しているのです。民間の保険会社の保険に関しては、自賠責保険と異なって全ての保険に関して客観的な基準があるわけではないため、交通事故の自賠責保険とは分けて考えなくてはいけません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です