債務整理, 士業, 相談

交通事故の慰謝料とは

交通事故の慰謝料とは、事故により被った精神的な損害に対する賠償です。そのため決まった算出方法というものなく最終的には裁判官の自由裁量に委ねられる事になるのです。裁判官が具体的な金額を定めるために、様々な事情も考慮にいれて決めていくわけです。どういった事情が考慮されるかは一般的には被害者がどれだけ苦痛を被ったか、加害者や被害者の財産状況はどうか、身分や職業や年齢、また加害行為の状況などが挙げられます。

しかし交通事故においては被害者によって金額の差をつけるべきではないという考えが強く、定額化の傾向が強くなっています。そのため裁判所でも一定の基準に基づいて処理されているようです。例えば交通事故において死亡者が出た場合、一家の主である父親の場合は約2800万円の慰謝料、母親や配偶者の場合は2400万円、その他の場合2000万円など。これらは東京を例にした場合であり、大阪地裁や名古屋地裁の基準は以前はこれより低めでした。

しかし最近では全国的にみてもだいたい同じような金額が提示されています。交通事故によって起きた損害賠償額は合計額が問題であり、入院費用や葬儀費用などは東京と大阪で微妙に異なるものですから慰謝料だけ注目しても意味がないと言われています。また死亡事故の慰謝料については相続性の有無の問題があります。死亡した人の慰謝料請求権が生じてそれが遺族に相続されるかどうかという事ですが、最近では認められる事が多く残された遺族にとっては多少の希望にもなっています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です