士業, 弁護士, 過払い金

示談交渉と交通事故の慰謝料の裁判は法的な立場が違う

保険会社に対して交通事故の加害者が何らかの権利を請求するときには、どのような手段が存在するのでしょうか。一般的に、被害者が保険会社に対して請求することが可能な手段は二つあります。一つは、単純に裁判で請求することが可能です。この場合には、当然ですが弁護士を雇って保険会社と法廷で争う旨をきちんと伝えなくてはいけません。

裁判をするための手続きを弁護士に全て代行してもらうことになるため、裁判をする決意が固まったときにはすぐにでその準備を始める必要があります。そして、もう一つが保険会社と話し合いをする示談交渉という手段です。示談交渉を行うときには、保険会社の人間が提示する慰謝料の金額が被害者の想定する慰謝料と合致しているかが争点となります。提示された金額に納得がいかなかったときには話し合いを通じて本人が納得できる金額で話し合いを成立させなくてはいけません。

基本的に、交通事故の慰謝料の請求は9割がこの示談交渉となっています。では、交通事故に関しては示談交渉と裁判の違いは一体どこにあるのでしょうか。それは、法的な立場の違いにあるのです。裁判は、裁判所を通して決断を下すため一度その裁定が下ると強制的にその効果が発揮されます。

反対に、示談はお互いが納得をしないと法的な効果を発揮させることが出来ないため、法的効果の付与は当事者がその示談金額に納得をしてサインをした段階ということになるのです。これらはまったく別の手段なので利用するときにはその違いを理解しておきましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です