債務整理, 士業, 弁護士

弁護士相続が相続問題の早期解決に有益な理由

弁護士相続と聞くと、富裕層や資産家のものであり、一般家庭には関係ないと思いがちですが、実際には一般家庭にこそ必要なものです。というのも、資産家などの富裕層は生前に、不動産の名義変更など資産の分割を済ませているので、死亡後に大きなトラブルになることはないのです。遺産相続に係るトラブルは、ここ数年で増え続けていますが、総資産額が5000万円以下のケースが最も多く、調停や裁判に発展する場合も少なくないのです。遺産相続を行うためには、一般的に相続分割協議を行うことになりますが、開催に期限がありませんから、いくらでも引き延ばすことが可能です。

そのため、納得できない相続人が故意に分割協議を引き伸ばし、不動産の価値が著しく下落してしまったり、故人の借金を背負わざるを得なくなるなどの事案も少なからず発生しています。弁護士相続は、こうしたトラブルを最小限に止めるため、分割協議を迅速かつ円滑に取り運ぶよう、遺産に係る手続きを一手に引き受け、公平な立場で分割案を提示することもあります。相続人としても、同じ親族から提案されると意地を張って納得できないことも、弁護士であれば冷静に判断できるので、早期に解決することが期待できます。今後、高齢化が進んでいくに当たって、こういったトラブルはますます増加することが予想されます。

各種申告が遅れて不利益を被らないためにも弁護士相続は有益な手段として検討することが得策です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です