債務整理, 士業, 相談

弁護士相続は相続問題を解決できる

誰かが亡くなったことによって生じる相続は時として大きな相続問題を引き起こすことがあります。特に財産が多い場合は誰がどういった割合で遺産を受け取るかについて紛争が起きることが極めて多く、それによって親族の仲が引き裂かれてしまうようなケースもあるでしょう。そういった際に問題をスムーズに解決する手段として活躍してくれるのが弁護士相続です。弁護士相続はその名の通り弁護士に相続の手続きを依頼する手法で、こういった問題を得意とする弁護士に依頼した場合にはさまざまな観点からその状況にあった相応しい相続の方法をアドバイスしてくれます。

法律に基づく遺留分を踏まえた内容を教えてもらうことができる、これまでの状況を客観的に見た上で適切な内容を考えてもらえる、また誰かが提案した内容について精査してそれが法律上問題無いかどうかをチェックしてくれるといったことは、弁護士相続ならではのメリットであると言えるでしょう。またこういったことの他にも弁護士相続を選ぶことには大きなメリットがあり、それが協議が難航した際に方的な解決手段にアクセスしてくれることです。もともと遺産相続は遺族の協議によってその内容を決定されるという原則がありますが、話し合いがどうしてもまとまらない場合には裁判所に申し立てて調停や審判という形で結論を出すこともできます。特に審判の場合は強制的に分割の内容を決定してもらえますから、最悪の場合でも審判まで持って行くことができれば協議は終わらせることができるでしょう。

もちろん弁護士相続を選んだことによって遺族間の対立がさらに大きくなることもあり得ます。しかしながらいつまでも協議が終わらないことと比べればまだメリットが多いですから、もしトラブルが起きた時、トラブルがおきそうな時は弁護士に仲介したもらうことをおすすめします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です