士業, 弁護士, 離婚相談

相続トラブルを回避するために弁護士相続が有益な理由

親族が亡くなると、葬儀やそれに伴うあいさつ、死亡届など様々な手続きなどが発生しますが、最も労力を要するのが遺産の問題です。遺産に関するトラブルは年々増加しており、弁護士相続となるケースも増えています。遺産については、それを引き継ぐ人や分割方法、さらには引き継ぐ順番などが民法に定められているので、本来トラブルが起こるはずがないのですが、故人が生前に口頭で約束をしていたり、遺言が後から出てくることによって話が複雑になっていくのです。弁護士相続は、こうしたトラブルを最小限に抑えるために、遺言の有無やその有効性などを客観的に判断して、全ての相続人が納得する解決策を提案します。

基本的には、親族の誰かに肩入れするのではなく、あくまでも中立的な立場を取ります。例えば、故人が遺言状を残していた場合、その遺言状が法的に妥当性があるものか検証し、その結果をもって遺産の分割案を提案したり、分割が困難とされる不動産を相続する場合には、評価額の調査を行い、売却を含めた最良の分割方法提案するなど、相続人が妥協できる落としどころを模索していくのです。こうした弁護士相続が注目される背景には、将来的に親族の絆を維持したいとの想いがあります。遺産に関するトラブルは、一時的には解決しても、後々まで遺恨を残すケースが多く、親交を断絶してしまうことも少なくありません。

そうすると、子供や孫の代にまで影響を及ぼしてしまうので、信用できる第三者に最善策を提案してもらうことで、事前にトラブルを回避することができるのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です